導入事例【東京ビジョンアイクリニック阿佐ヶ谷 院長 井手武 先生】

電子カルテとスキャンした紙との併用で、院内のスタッフとも自然に運用できることが大きなメリット

ー クリニックについて教えてください

当院は他科の専門医と連携しながら地域医療を支えるとともに、円錐角膜の経過観察ができる眼科として2017年2月に開業しました。

ー 診療体制を教えてください

医師1名とスタッフ4名で診療を行なっています。スタッフは検査メイン2名、受付メイン2名を配置していますが、お互いに基本的な業務は補完し合えるようになっています。
システムの構成は、受付のPC2台と診察室のPC2台(医師・シュライバー用)でCLIPLA Eyeを使い、RS_Base用のPC1台と検査用にタブレットを4台使っています。診察の際には、RS_Baseにファイリングされた画像を患者さん向けのモニターで開いて見せながら、CLIPLA Eyeはドクター用モニターで開いて見るパターンが多いです。

診察室の様子
診察の様子。RS_Baseにファイリングされた画像は患者さん向けのモニターで開いて閲覧されている。
眼科クリニック向けプラン パッケージ
CLIPLA Eye のパッケージなら、画像ファイリング「RS_Base」での画像閲覧と、CLIPLA Eyeへの検査データ取り込みが可能。

ー CLIPLA Eyeを導入したいきさつは?

まずは「クラウド」というのが重要でした。なぜかと言うと「手間の再利用」ができるからです。電子カルテの要は、1つの手間(処理)を複数の人間が共有することで、同じ内容の入力が不要といった「手間の再利用」にあると考えました。院内での再利用はもちろんのこと、インターネットに繋がっていれば将来、自分のデータを他院や患者さんに送ったり、逆に他院からデータをもらったりできるようになる可能性がある。将来そうなるはずだと信じていたので、クラウドベースの電子カルテを探していました。数社当たって、こちらの開業のタイミングと要望に対応してくれたのがクリニカル・プラットフォーム社でした。

ー 実際にCLIPLA Eyeを導入されていかがですか?

予想通り、クラウド電子カルテを選んで正解でした。 紙だけで運用していた時と比べると当然、受付もとても楽になりましたし、電子カルテの良いところはひととおり揃っています。あと、他のベンダーさんに比べてアップデート対応が早いですね。
当院に代診に来ていただいた先生はCLIPLA Eyeの使用感を「レスポンスが速い」「診療行為のテンプレートが楽」と評価しています。代診の医師に頼んだ際に自宅から電子カルテを見ることができる。つまり自分がクリニックにいないときでも気になることがあれば院外からチェックできるというのはとても便利です。
もちろん、コストが安いのも魅力です。眼科の電子カルテの更新費用は通常4〜500万円かかりますが、CLIPLA Eyeには更新費用がありません。これは経営的にはとても助かります。コストという意味では CLIPLA Eyeは教育コストが安いですね。代診の先生方やスタッフも直感的に使えています。

東京ビジョンアイクリニック阿佐ヶ谷 院長 井手武 先生

ー クリニック独自のユニークな使い方はありますか?

眼底の写真はもちろん、保険証や受け取った紹介状などをスキャンして、画像としてCLIPLA Eyeにアップロードしています。当院では指示書を書き終わった後、その紙を全部スキャンして取り込んでいます。電子カルテに紙をスキャンして簡単に入れられるというのはとても便利ですね。
紙をスキャンするだけのシステムではデータの再利用ができないので、CLIPLA Eyeのようにデジタルとアナログの折衷運用ができるシステムがちょうど良いと思います。完全にデジタルにすると手間が増えてしまうこともありますが、紙と併用することで、お手伝いに来ていただいた検査員や受付スタッフでもその日から運用できています。

紹介状や問診票といった書類や保険証などのスキャンして取り込んだデータを、CLIPLA Eyeにアップロードすることが可能。
紹介状や問診票といった書類や保険証などのスキャンして取り込んだデータを、CLIPLA Eyeにアップロードすることが可能。

ー 電子カルテを検討中の先生に一言アドバイスをください。

CLIPLA Eyeはリーズナブルな価格でかつ眼科に必要な基本的な機能がそろっています。他のクラウドサービスなどと連携をさせ、自分の手をかけながら作り込んでいくには最高の電子カルテだと思います。世間のソフトウェア・ハードウェアのアップデートのスピードは日々短くなってきているので、クラウドベースの電子カルテというのは、現時点でも選択するべき道だと思います。