クリニックの電子カルテも
クラウド・ファーストの時代へ

進化を続けるクラウド電子カルテ
CLIPLA(クリプラ)
無料で試してみる
EY Innovative Startup 2017 Health Care 受賞
EY Innovative Startup
2017 Health Care 受賞

毎日使うものだから、
デザインにとことん
こだわりました

医師が電子カルテに向き合っている時間は多い人では年間2000時間にもなります。*
長時間でも快適にお使いいただけるように、シンプルなデザインを心がけました。
*1日8時間×21日×12ヶ月の場合

デザインを見る
電子カルテCLIPLAの患者カード。医師が電子カルテに向き合う時間は多い人で年間2000時間。
オンプレミス型電子カルテとCLIPLAの料金比較。20年間のコスト差は約1,000万円にもなります。

長く使うものだから、
価格にもこだわっています

電子カルテは導入したらおしまい、というわけにはいきません。この先10年、20年と使い続けていただくために、数年ごとの更新費用を一切無くしました。末永く安心してお使いいただけます。

料金プランを見る
CLIPLAのベーシックプランでは初期費用68万円、更新費用0円でご利用いただけます。

お好きな端末でどうぞ

CLIPLAはブラウザで使えるので、WindowsはもちろんMacでもiPadでもご利用いただけます。お好みの端末でお使いください。

OS
Device
CLIPLAはWindowsはもちろんMacでも使えます。デスクトップやノートパソコン、iPadでもご利用いただけます。

安心のセキュリティ
3省4ガイドライン対応

電子化された医療情報をクラウド上に保存する際に遵守するべき『3省4ガイドライン*』に対応。大切な医療情報を確実にお守りします。

*3省4ガイドラインとは

以下3つの行政機関から出された4つのガイドラインを指します。
厚生労働省
医療情報システムの安全管理に関するガイドライン
総務省
医療情報を受託管理する情報処理事業者における安全管理ガイドライン
経済産業省
ASP・SaaS における情報セキュリティ対策ガイドライン
ASP・SaaS 事業者が医療情報を取り扱う際の安全管理に関するガイドライン

クラウドだから、
今までよりもっと便利に

すべて自動で
アップデート

診療報酬改定にともなうデータの更新はもちろん、新しい機能追加などもすべて自動で行います。最新の電子カルテを毎日お届けします。

いつものカルテを
往診先でも

CLIPLAはインターネットに接続していれば、訪問診療時や往診時など、いつでもどこでも使えます。

無料で試してみる

導入事例

よくあるご質問

Q. レセコンは使えるの?

日本医師会のレセコン「ORCA」をご用意いたします。CLIPLAで入力された診療情報はORCAと連携します。
(ベーシックプランのみ)

Q. メンテナンス費用や更新料はかかるの?

メンテナンス費用や更新料は一切かかりません。またメンテナンスやデータ更新は自動でアップデートいたします。

Q. 操作を覚えるのが大変そう…

直感的なインターフェースで操作は簡単!すぐにお使いいただけます。マニュアルも必要ありません。

Q. 訪問診療でも使えますか?

CLIPLAはインターネットに接続していれば、いつでもどこでもご利用可能。訪問診療でもご活用いただけます。

Q. どんなPC(パソコン)で使えるの?

CLIPLAはWindowsでもMacでもお使いいただけます。必要なのはGoogle社が提供するブラウザのみ。Google Chromeの最新版が動作するPCであれば、WindowsやMac、LinuxなどのOS上でご利用可能です。

今すぐ無料トライアルを始める

トライアル開始までたったの3ステップ。
無料でお試しいただけます。

無料トライアルまでの流れ

STEP1
無料トライアルお申込み
STEP2
お試しアカウント発行
STEP3
無料トライアルSTART!
無料で試してみる

メディア掲載

日経産業新聞 / 日経MJ / SankeiBiz / 日刊工業新聞 / IoT NEWS / Wireless Wire / VentureTimes / THE BRIDGE / TECHABLE / CLINICmagazine / 薬事日報 / 病院新聞.com / MEDTEC Japan 財界 / 週刊BCN / ASCII.jp / ITpro / logmi / NEWS PICKS / 日経デジタルヘルス / 日経メディカル / innavi net / CLINIC BAMBOO
CLIPLA Eye
眼科専用クラウド電子カルテ

初期費用138万円、更新費用0円の眼科専用クラウド電子カルテが登場。

詳細はこちら