導入すると便利な電子カルテのメリットを紹介

情報管理の負担が軽減される

 大規模な総合病院や大学病院では、電子カルテの導入がどんどん進んでいます。しかし中小の医療機関はというと、なかなか進んでいないのが現状です。電子カルテを導入することは、コスト面を考えても大きなメリットが期待できます。その中でも大きいのは、電子化による情報管理負担の軽減です。
 紙のカルテの場合、さまざまな課題があります。まず大きいのは、カルテのかさばりです。新規の患者が来れば来るほど、新規でカルテを作成する必要があり量も増えます。保管のための場所を取りますし、来院した患者のカルテを探すのに時間がかかってしまう恐れもあります。また、たくさんカルテがあればあるほど紛失するリスクも出てきます。さらにカルテは基本的に手書きですから、他人が見ると何が書かれているのかわからないといった不都合が生じる可能性もあります。もしカルテが見つからない、文字が読めないということになれば、過去どのような診察・医療を受けてきたか患者に直接尋ねる必要があります。これでは非常に非効率的です。
 電子カルテを導入すれば、このような課題を解決できます。まず電子カルテの情報を入力するのはパソコンなどの情報端末ですから、打ち込まれた文字は読みやすい状態で記録されます。そうなると、他のスタッフがカルテを見たときに読めないといったリスクを軽減できます。電子カルテには検査結果なども保存されるので、情報管理も楽になります。

紛失のリスクがなくなり管理効率がアップする

 先ほども紹介したように、紙のカルテの場合、患者が訪れれば訪れるほど量がどんどん増えてしまいます。そうなるとやはり管理が大変になります。紙のカルテでも電子カルテでも、メンテナンスを定期的に行う必要はあります。紙のカルテの場合は物理的な管理がどうしても必要になりますが、電子カルテの場合はあくまでもコンピューターの中で管理しますので、圧倒的に管理負担が軽減されます。メンテナンスにかかる時間を大幅に短縮することができます。
 紙のカルテは定期的に破棄も検討しなければなりません。最後の受診から5年以上が経過した患者のカルテは、処分の対象にせざるを得ないでしょう。しかし電子カルテの場合、コンピューターの中で管理しますから大容量保存が可能です。紙のカルテであれば本来捨てられても仕方のないカルテでも管理が可能です。久しぶりに訪れた患者の情報も管理できますから、スムーズに診察に入ることも可能です。検索機能を使えば簡単に該当する患者のカルテをピックアップできます。探すのに時間もかからないため、患者を長い時間待たせることもなくなります。
 さらに電子カルテにはテンプレートが用意されています。自分で一からカルテの作成をする必要がなくなり、現場スタッフの手間も大幅に削減できる可能性が高まります。

データを共有でき医療ミスのリスクを軽減できる

 近年、医療ミスという言葉が広く知られるようになりました。医療ミスが起こる原因はいろいろとありますが、中でも多いのが医療スタッフ間の伝達ミスや誤解などです。思わぬ判断ミスを招き、時として患者を危機的な状態に陥れることにつながりかねません。そこで電子カルテの便利機能の中に、自動チェック機能があります。これによって医療機関の各部門で情報を共有することも比較的簡単になります。例えば薬の処方をした場合、すぐにその情報が薬剤師にもわたります。過去の服用した薬などと突合をすることでミスを未然に防ぐことも可能です。
 さらに電子カルテのシステムを他のシステムとつなげることもできます。例えば、予約システムや問診システムと連動できれば、患者を症状の深刻度順に呼び出すことができるようになり、患者の精神的、肉体的な負担を軽減できます。このように、電子カルテを導入することは大きなメリットになるでしょう。