導入は必須?電子カルテをクラウド化するコストとメリット

電子カルテの前に知っておきたいクラウド化とは

 クラウドという言葉は聞いたことがあっても、そもそもクラウドとはなんだろうと思われている方は多いことでしょう。クラウドとは、「共通のソフトウェアやハードウェアを揃えなくても、インターネットを通してサービスを利用できる仕組み」のことを指します。
 例えば、ビジネスの場面で多いのが、外出先でデータのやり取りをするシーンです。営業マンが見積もりや決済、在庫の確認などをする場合、今まではこれらのデータを入手するためには会社にあるサーバーに接続して、データのダウンロードやアップロードをする必要がありました。そのためには、営業マンが持つパソコンに専用のソフトウェアを導入しなければならず、パソコンにも同じようなスペックが必要などの制約がありました。さらに、データの同期をするためにはサーバーを設置する必要があり、保守点検のために多額の費用が必要になっていました。また、セキュリティー向上のために技術者を配置するなどの対処が必要といった問題点もありました。
 これをクラウド化することで、インターネットに接続できる環境さえあれば、データをどこでも使うことができるようになります。これにより、社内だけでなく外出先でもデータのやり取りが容易にできるようになるため、ハードウェア的にもソフトウェア的にも制限を受けることがありません。また、複数人によるデータの共有も行えるため、的確でスムーズな意思伝達が可能になります。

電子カルテをクラウド化するメリットとは

 電子カルテをクラウド化することのメリットについて考えてみましょう。今までの電子カルテでは情報を保存するために、院内にサーバーを設置する必要がありました。そのため、サーバーのソフトウェアアップデートに伴う費用や、毎年の保守点検費用、そしてサーバーの買い替え費用などが必要でした。また故障や停電に備え、バックアップ用の別のサーバーや無停電電源装置(UPS)も必要です。クラウドの場合、院内に必要となる物はインターネットに接続できるパソコンだけになるため、年間の維持費が安く済む上に、サーバーの保守管理費用が不要となります。さらに、インターネット環境を利用して電子カルテを閲覧・編集することが可能ですので、訪問診療などでも患者様のデータを利用することができます。

クラウド電子カルテのセキュリティの信頼性

 運用が容易になり、費用も安く済むのは良いことですが、心配になるのがセキュリティ面です。
 設置型の電子カルテのデータはすべて院内に設置されているサーバーに保存されています。院内サーバーの場合は外部に接続しなければ、ネットワークを経由してデータが流出するリスクは下げることができます。しかし、サーバーやパソコンの入れ替え時に起きるハードディスクの処分が不十分なために、個人データが流出する可能性があります。
 対して、クラウドの場合、サーバーはインターネット環境に置かれるために、一見するとセキュリティ面の不安感があるように感じてしまいますが、実際にはサーバーを運用している会社のセキュリティは非常に高いです。インターネット接続では金融機関が採用しているSSL認証、さらにユーザー端末とシステムとの接続にVPN(プライベート接続)を採用していますので、非常に安全と言えるでしょう。近年では、海外のハッカーからの攻撃が問題になっていますが、サーバー管理会社のセキュリティの高さと合わせてクラウド上に保存されているデータはすべて暗号化されているので、非常に安全と言えるでしょう。