場所を選ばずに便利に使えるクラウド型電子カルテ

普及が進む電子カルテ

 病院にもITが普及し、手書きのカルテではなく電子カルテを使う機会が多くなりました。電子カルテを導入することで、業務の効率化・情報の共有化・カルテの保管スペースの削減など、数多くのメリットを享受できます。IT技術に不慣れな医療スタッフは少なくないものの、利用者や関係者にメリットをもたらすITの積極的な導入を検討する時が来ています。
 しかし、電子カルテさえ導入すればすべてが上手くいくという訳でもありません。病院の実情にそぐわないシステムを導入すると、業務が滞ったり病院経営が上手くいかなくなったりなどの問題が発生する可能性もあります。そのため、システムを導入する時は、どのようなサービスを提供するのかを具体的に検討し、導入後にどのような体制でシステムを運用していくかを具体的に考えておかなくてはなりません。病院外でも電子カルテを使う機会があるのであれば、クラウド型のシステムを導入するようにしましょう。こうしたシステムの仕様の明確化や運用面について、ITに関する専門的なスキルを持たない病院スタッフで対応できない場合は、システム開発会社と一緒になって検討する必要があります。開発会社は病院側の事情や要望などを聞いて、適切な対応をしてくれます。
 そして、システムの導入や運用の予算計画も立てなくてはなりません。患者数や単価などを計算して、何年後にコストを回収できるかを考えることが大切です。予算が不足するようであれば、機能を限定するなどして、システムの導入・運用コストを減らす努力をするべきです。コストを無視してシステムを導入すると、長期的に安定して運用するのが難しくなってしまいます。

院外でも便利に使えるクラウド型

 電子カルテの構成は、診察スタイルや予算に応じたものとなりますが、院外でもシステムを利用する機会が多い場合は、クラウド型システムの導入を検討するべきです。クラウド型の電子カルテの場合、サーバーなどの設備を院内に置くのではなく、インターネットで外部のデータセンターに接続する方式を取ります。そのため、インターネットに接続できる環境であれば、往診先や自宅などの好きな場所でシステムが使えます。ノートパソコンやタブレット端末だけあれば、システムに接続して使えるので、たくさんの資料を持ち運びして大変な思いをすることもありません。重要なデータは、厳重なセキュリティ対策を施したデータセンターで管理されるので、不注意から院外で資料を紛失するなどの危険もなくなります。今までは往診などをする機会が少なくても、クラウド型システムを導入するのをきっかけとして、院外での作業を増やすことも可能です。
 クラウド型システムは、院外で電子カルテを使う機会が多い場合のみにメリットがあるわけではありません。クラウド型であれば、システムのメンテナンス要員が院内にいなくても、常に最新のシステムが使えるというメリットがあります。システムを提供する会社が、システムの管理とメンテナンスを行い、常に使える状態を保ってくれるので、ITシステムに詳しいスタッフがいなくても問題ありません。電子カルテを導入する際は、いくつものメリットを持つクラウド型も選択肢の一つに加えておく価値があります。

積極的に最新技術を導入しよう

 このような機能を持つクラウド型電子カルテのように、医療に関する技術は常に進歩しています。入力方法に関しても、キーボードを使わずに音声入力やペンタブレットでも入力できるようになっています。パソコンやインターネットなどのITが苦手だからと、導入を後回しにすることはありません。システムを自分達が使いやすいように改良できる余地があるので、今までに電子カルテの導入を検討して、実際にシステムを運用するのを断念した経験があっても、現在の技術を活用すれば使いやすい環境を構築することが可能です。無理にシステム内容を理解したり細かい使い方を覚えたりしなくても、簡単にシステムを使えるようになっています。分かりやすいマニュアルや導入トレーニングなどもあるので、実際に患者さんを前にして使うまでに、問題なく使える状態になります。
 今後は、ITを使った情報分析を病院経営に活かしたり、オンライン診療などの最新技術を導入する機会が増えます。周りの病院が導入してからなどと考えずに、積極的に導入する意欲を持つことが大切です。最新技術を活用することは、利用者と運用する側の双方に大きなメリットが生じるので、現状を維持することに満足しないで、新しい技術の導入や情報入手を行いましょう。時代に適応しないと、病院も健全に経営できない時代となっています。まずは資料の請求をしたり問い合わせをすることから始めましょう。